2011年版笠岡諸島オリジナル卓上カレンダー

【卓上カレンダーの売上金の寄付金について】

一部売上金を島を盛り上げる為の寄付金もしくは献上品にするとお伝えしておりましたが、
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生したことで多くの被災者が出ている現状に
少しでも力になれるよう、カレンダーの一部売上金を日本赤十字社を通して寄付を行いました。
カレンダーを購入いただいた皆様からの寄付金です。ありがとうございました。

寄付証明書

北木島卓上カレンダー

【仕様】
  ・2011年1月始まり卓上カレンダー
  ・ハガキサイズ(100×148mm)
  ・プラスチックケース付き
  ・8枚入り(12ヶ月カレンダー+表紙+メモ)
  ・1,050円(税込)

今年も来ました!卓上カレンダーの季節ですね☆

今年も一段と使い勝手にこだわった「北木島卓上カレンダー」が
お届けできる季節になってきました!
来年も楽しく充実した一年になるように、
早速カレンダーを手にして思いを巡らせてみましょう!

さて、ここで『2011年版北木島卓上カレンダー』の
特徴をご紹介しちゃいます!
今年初めて『北木島卓上カレンダー』を買う方も、
「今年で○回目です」という北木島ファンの方も、
是非ご一読くださいね☆

特徴

ここが今年は違う!

白石島卓上カレンダー

【仕様】
  ・2011年1月始まり卓上カレンダー
    (2010年7〜12月も掲載)
  ・ハガキサイズ(100×148mm)
  ・プラスチックケース付き
  ・8枚入り(12ヶ月カレンダー+表紙
    +2010年7〜12月のカレンダー)
  ・1,050円(税込)

今年、満を持して新登場しました!「白石島卓上カレンダー」

既に「ショップで見てるよ」「白石島で見たことある」
という方がいらっしゃるかもしれません。

そうなんです、実はこの『2011年版 白石島卓上カレンダー』は
今年の夏から、ネットショップと白石島廻漕店さんで
同時発売しているのです!

「もう既に特徴はわかっているよ〜」という白石島ファンの方も、
「いま初めて存在を知った!!!」という方も、
是非、下記特徴をご一読くださいね☆

特徴

Copyright (C)2010 furusato500miles All Rights Reserved.

『北木島卓上カレンダー2011 特徴』

@ 曜日がない!

さて、『北木島卓上カレンダー』の代表的な特徴としては、
曜日の記載がないことです。



これは私たちの無意識の特徴を活かしています。

皆さんは、既に何度もカレンダーを見ているので、
「月曜日は日曜日(赤)の列の右隣り」
「木曜日は土曜日(青)の列の2つ前」
というように、いちいち曜日を見なくても
そのカラーの位置があるだけで、なんとなく曜日がわかってしまいます

そこを逆手に取ったのが、このカレンダーです!

私も最初は「えっ!?」と思いましたが、
意外と使ってみると「ほぅ、なるほど」と納得してしまう作り。

ぜひ皆さんも、この「えっ!?」をご体験ください

『北木島卓上カレンダー2011 特徴』

A 記入欄が自由度満点!

もう一つの大きな特徴が、日にちごとに枠がない!ということです。

これも最初は「逆に使いづらいんじゃないか…」と思っていましたが、
意外と個性が出て、いけているモンです♪

@の曜日がないこともあって、曜日がほしい人は記入することはもちろん、
日々の予定だって、↓このとおりに、好きなように記入できるんです!




皆さんは、どんな書き方で個性を出すんでしょうか☆
様々なアイディアがあると思いますので、
個性があるカレンダーに仕上げていってください♪

『北木島卓上カレンダー2011 特徴』

B 六曜や旧暦などが充実

最後の特徴としては、六曜や旧暦などが充実していることです!



冠婚葬祭で重宝されている六曜は、職種などによっては
とても大切な情報となりうるものです。

・ご自宅のリビングに…
・オフィスのデスクに…
・もしかして、お手洗いにも…?
日々の生活にちょっとした情報として、今年も盛り込みました♪

また、北木島にお住まいの方は、旧暦などを大切にしていると聞きました
旧暦に従って、●●などの行事を行っているそうです。

北木島に住んでいる方も、既に島からは出てしまっている方も、
北木島を想う大切な時計として、この旧暦に触れてみてください。

「今頃、○○しているのかな…」
なんて、思いにふけるのも、親孝行かも知れません。

『北木島卓上カレンダー2011 ここが今年は違う!』

@ 北木島イメージキャラクター、コロちゃん登場!

今年新登場したのが、イメージキャラクターのコロちゃんです♪



コロちゃんを生み出してくれたのは、クリエイターのYukikoさんです。

Yukikoさんは北木島に遊びに来てくれたときにイメージを膨らませて
資材として墓石などになりきれない=島からは出て行かない、
石を切り出したときに出てくる、ただの石ころに目をつけて、
この「コロちゃん」を思いついたそうです。

このコロちゃんは、今年の卓上カレンダーでは、
色んな場面に、色んな格好で登場します!



その、なんとも言えないカワイイキャラクターと共に
毎日を過ごしてみてください♪
ちょっとした息抜きになったり、
もしかしたら北木島を訪れたくなりますよ♪

『北木島卓上カレンダー2011 ここが今年は違う!』

A 自由な記入欄登場!

今まで色々な変化を遂げていた裏表紙ですが、
今年は自由度・実用度共に高い、自由記入欄にしちゃいました!



「おや?手を抜いた」と思っていませんか?
いえいえ、これには深い理由があるんです。
それは実際に使ってみるとわかります。

例えばスタッフAの場合は、こんな使い方…



なるほど。 決まった人にお電話することが多いみたいですね。
携帯のショートカットキーのような機能として、ひと目でわかって便利ですね!

では、スタッフBは、どんな使い方をするのでしょうか…



お友達が多いのですね〜!
色んな場所にお食事にいって、美味しかったお店を記入していますよ!

おやおや、スタッフCさんは、こんなこと書いています。



毎月、目標とすることが多いのですね(笑)
向上心があることはいいことです!
これが全て「達成!」という文字で埋め尽くされることを祈って…。

このページは裏表紙としてすぐに見ることができるので、
皆さんも、自分の好きな事、必要な情報など、
何でも自由に記入してみてください!

『白石島卓上カレンダー2011 特徴』

@ 写真が大きい!

白石島が大好きな人なら、最初に注目するのが、コレ↑なのではないでしょうか?

『2011年版 白石島卓上カレンダー』では、
白石島の写真を、なるべく大きく掲載しています。



ふとした瞬間に、白石島のことを思い出してほしい
ということを一番のテーマにして作られた、『白石島卓上カレンダー』。

白石島にお住まいの方はもちろん、
白石島の大ファンの方、
白石島にルーツや親戚などがいらっしゃるかたも、
きっとご満足いただける写真になっています。

毎月異なる風景写真をご用意していますので、
「来月はどんな写真かな〜」を楽しみに、
デスクやリビングなどの一角で、白石島を感じてみてください☆

『白石島卓上カレンダー2011 特徴』

A曜日がない!

さて、『白石島卓上カレンダー』の次なる特徴としては、
曜日の記載がないことです。



これは私たちの無意識の特徴を活かしています。

皆さんは、既に何度もカレンダーを見ているので、
「月曜日は日曜日(赤)の次の日」
「木曜日は土曜日(青)の2つ前」
というように、いちいち曜日を見なくても
そのカラーがあるだけで、なんとなく曜日がわかってしまいます。

最初は私も気づかないほどでした。
よくよく見て、気づいたのです。

意外とすんなり入っていけて、違和感なく使えますので、
ぜひ皆さんも、この「ほぅ」をご体験ください☆

『白石島卓上カレンダー2011 特徴』

B六曜が充実

そして次なる特徴としては、六曜が充実していることです!



冠婚葬祭で重宝されている六曜は、職種などによっては
とても大切な情報となりうるものです。

・ご自宅のリビングに…
・オフィスのデスクに…
・もしかして、お手洗いにも…?
日々の生活にちょっとした情報として盛り込みました♪

そしてまた、祝日なども記載されていますので、
「今週末は○○の日で三連休だ!」
など、ちょっとした幸せをカレンダーで確認して、
モリモリ予定を記入していってください☆

『白石島卓上カレンダー2011 特徴』

C白石島通になれる!

このカレンダーの最大の特徴が、コレです!

この卓上カレンダーは、ネットショップはもちろん、
「白石島廻漕店」さんにもご協力をいただき、
白石島でも手にすることが出来るようになっています。

せっかく島を訪れて購入するなら…

と考案されたのが、これらのページ。




白石島のデータはもちろんのこと、
初めて上陸する方にもわかるように、白石島の地図を盛り込んであります。

卓上カレンダーなのに、卓上カレンダーらしくない機能!
これぞ、

・島に上陸する方
・島に上陸する予定のある方、
・島に上陸する予定がなかったけど、これでちょっと行く気になった方

皆さんに活用してもらいたい!という気持ちで作成しました。

白石島通になって、皆さんも白石島に遊びに行きませんか??

『白石島卓上カレンダー2011 特徴』

D場所を取らないサイズ!

なぜ、壁掛けカレンダーじゃなくて、卓上カレンダーなのか?
壁掛けだったら、もっと写真を大きく掲載できるのに…。

ごもっとも!そのとおりです。
…が、卓上カレンダーにしたには理由があります。

私たちの最終的な思いは
「白石島を覚えていてもらう」
ということです。

これを達成するには、日常のふとした瞬間に
白石島に触れてもらうことが一番だと考えました。

卓上カレンダーは、一般家庭はもちろんのこと、
会社勤めされていらっしゃるサラリーマンも気軽に利用することができます。

白石島に住んでいらっしゃる方はもちろんですが、
白石島のファンや、島から働きに出て行ってしまった皆さんに
ちょっとでも白石島を思い出してもらえるように、
この『2011年版 白石島卓上カレンダー』を
目に付きやすい場所に是非置いてあげてください☆

そして、また白石島に行きたいという想いになることを祈って…